名張市、伊賀市、宇陀市で入れ歯治療なら、かめい歯科クリニックへ

金属床入れ歯

  • HOME
  • 金属床入れ歯

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 入れ歯の厚みのせいで喋りづらい
  • 入れ歯装着時の違和感を何とかしたい
  • 食べ物の温度差が自然に感じられない
  • 入れ歯でも毎日の食事を美味しく味わえるようになりたい
  • 硬いものでもしっかり食べられるようになりたい
  • 割れたり、ヒビが入ったりしにくい頑丈な入れ歯が欲しい、など

このようなことでお悩みでしたら、名張市のかめい歯科クリニックへお気軽にご相談ください。

金属床入れ歯とは?

会話・食事がもっと楽しくなる入れ歯

金属床入れ歯とは

金属床入れ歯とは、床部分にチタンやコバルトクロムなどの金属を使用した入れ歯です。
金属の使用により強度が確保されるため、プラスチック製の保険の入れ歯と比べて薄く作製することができ、お口の中のスペースが広がったように感じられて、喋りづらさや噛みにくさなどの違和感が抑えられます。
また、金属を使用することで、熱い・冷たいといった食べ物の温度差が自然に感じられるようになり、毎日の食事が美味しく味わえるようにもなります。

保険の入れ歯と金属床入れ歯の比較

保険の入れ歯

強度
割れたり、ヒビが入ったりすることがある
入れ歯の薄さ
分厚いため、喋りにくさや噛みにくさなどの違和感が生じやすい
食べ物の温度差
伝わりにくい
違和感
発音障害、ものが噛みにくい、えずきなどの違和感が生じやすい

金属床入れ歯

強度
金属を使用しているので強度が高い
入れ歯の薄さ
保険の入れ歯よりも薄く作製することが可能
食べ物の温度差
自然に伝わりやすい
違和感
薄くて軽いので違和感が生じにくい

金属床入れ歯の特徴

頑丈な金属を使用するので壊れにくい

金属床入れ歯では、床部分にチタンやコバルトクロムなどの頑丈な金属を使用しますので、プラスチック製の保険の入れ歯と比べて、丈夫で壊れにくいです。

軽く薄く作製できるので違和感が少ない

金属の使用により、入れ歯の強度がしっかり確保されますので、保険の入れ歯と比べて軽く薄く作製することが可能です。入れ歯が分厚いと、喋りにくさや噛みにくさなどの違和感が生じることがありますが、金属床入れ歯の場合、厚みが抑えられて、お口の中のスペースが広くなりますので、こうした違和感が少なくなります。

毎日の食事が美味しく味わえる

熱伝導率に優れた金属を使用しますので、熱い・冷たいといった食べ物の温度差が自然に感じられるようになり、毎日の食事を美味しく味わえるようになります。

適合性が高く、がたつきにくい

金属床入れ歯は適合性が高く、精密な過程を経て作製いたしますので、がたつきなどの違和感が少ない快適な入れ歯に仕上げることが可能です。

費用

金属床入れ歯 250,000円~(税抜)