名張市、伊賀市、宇陀市で入れ歯治療なら、かめい歯科クリニックへ

Q&A

  • HOME
  • 入れ歯のQ&A

よくあるご相談

Q.歯を抜けたままにしておくとどうなりますか?
A.歯を失った部分の隣の歯が倒れ込んできて、噛み合わせの乱れの原因となったり、歯並びが悪くなってブラッシングしづらくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まったりするなど、お口の中に様々な悪影響がおよぶ恐れがあります。もちろん、ものがしっかり噛めなくなりますし、見た目も良くありません。特に不便を感じておられなくても、歯科医院で適切な治療を受けられることをおすすめいたします。
Q.口に合っていない入れ歯を使い続けているとどうなりますか?
A.健康な歯に負担をかけて寿命を縮めてしまったり、顎の骨に噛む力が伝わらず、顎が痩せてしまったり、お口の中の粘膜が床ずれ状態になり、悪化すると口腔ガンを引き起こす恐れがあるなど、様々な弊害が考えられます。我慢して使い続けずに、お気軽に当院へご相談ください。
Q.入れ歯がすぐに外れてしまいます…何とかなりませんか?
A.当院では安定感に優れていて、従来の入れ歯に起こりがちなぐらつき・外れが起こりにくい「ロケーター義歯」をご提供しております。こちらであれば、すぐに外れるようなことはなく、まるで天然の歯のようにものが噛めるようになります。
Q.入れ歯でも食事を美味しく食べたいのですが…可能でしょうか?
A.床部分に金属を使用した「金属床入れ歯」でしたら、熱伝導率に優れているので食べ物の温度差が自然に感じられて、毎日の食事が美味しく味わえるようになります。
Q.入れ歯が目立つのが心配で人前で口を開けて笑えません…
A.金属のバネを使用しない「ノンクラスプデンチャー」でしたら、大きくお口を開けて笑った時でも、入れ歯が目立ちにくいので安心です。口元の審美性を損なうことなく、自然な見た目をキープしていただけます。
Q.保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは?
A.保険の入れ歯には費用が抑えられるというメリットがありますが、機能や審美の面で自費の入れ歯よりも劣ると言えます。入れ歯の品質を追求したいということでしたら、自費の入れ歯の方が適していると言えますが、当院では無理に自費をおすすめしたりはせず、まずは保険の入れ歯を使って「噛める入れ歯」のご提供を目指すようにしております。
Q.入れ歯とインプラント、どちらを選ぶべきでしょうか?
A.それぞれにメリット・デメリットがありますので、一度ご相談いただけましたら詳しくご説明させていただきます。なお、当院はどちらの治療にも高いクオリティで対応いたしますので、安心してご相談ください。
Q.何回通院すれば入れ歯はできますか?
A.入れ歯の種類や患者様のお口の状態などによって異なりますが、通常、4~5回程度の通院で入れ歯をお作りいただくことが可能です。
Q.入れ歯のことを相談したいのですが…費用はかかりますか?
A.当院では入れ歯でお悩みの方のために無料相談を実施しております。費用のことを心配せずに安心して何でもご相談ください。入れ歯治療を得意とする歯科医師が、親身になってお悩みをおうかがいいたします。